色彩散策-Color Stroll-

紫陽花

紫陽花には雨が似合う

でも、なんで「紫の陽の花」?

c0199552_21505347.jpg


梅雨の訪れを告げる花、紫陽花(アジサイ)がきれいに色づいています。
アジサイの名前にはどんな由来があるのでしょうか?

和名の「あじさい」は集(あづ)・真藍(さあい)が変化したもの。
集(あづ)は集まる、真藍(さあい)は青い花という意味です。
つまり、アジサイは「青い花が集まって咲いている」
花の姿を表現した言葉からきました。
さまざまな色を持つように、別名もたくさんあります。
多彩な色の変化から、七変化(しちへんげ)・八仙花(はっせんか)。
丸く集まった姿から手毬花(てまりばな)など。

一方、学名は「ヒドランゲア」
これはラテン語で「水の器」という意味です。
アジサイの枝を切ると、1時間もしないうちにしおれてしまいます。
他の草花に比べて葉の気孔が多く、より多くの水分を失うためです。
ヒドランゲアは、水をたくさん欲しがる性質を表した名前といえます。
アジサイの花は乾燥に敏感なので、庭木に水をやる時の目安になるそうです。

一見花びらに見えるのはがく片ですから、雨に濡れても平気です。
また、ブルー系の色合いは、薄暗い梅雨空の下でもきれいに見える色です。
水を好むことといい、アジサイは梅雨時にぴったりの花といえるでしょう。

お天気豆知識「紫陽花の名前の由来」より転載


だそうです。

ん?答えになってない。紫の陽は?

よくよく調べてみると、中国の招賢寺にあった「紫陽花」というライラックの一種があるらしい。
それをあてて紫陽花(アジサイ)というようになったとか。。。
アジサイは日本原産の花で、中国のものとは全く別の花なんだそうです。
花の名前の由来も面白いものですねえ〜。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
今回の記事にてご紹介した写真がお気に召しましたら、
上のバナーにクリックお願いします。励みになります。
[PR]
by kyocan-m | 2013-07-22 21:56 | 函館の公園